Connecting...

記事一覧に戻る

市場動向レポート:2017年第3四半期

Posted 2年以上 前 by JAC Hong Kong

JAC Recruitment Hong Kong - 2017 Q3 Market Trends Report

転職マーケットは活況が続く

2014年、香港で民主的な行政長官選挙の実現を求めて、若者が中心部の道路を占拠した大型の反政府デモ「雨傘運動」から3 年が経過し、9月下旬に記念集会が開かれました。香港政府統計局の8 月の発表によると、第2四半期の実質GDP 成長率は前年同期比3.8%増となり、2017年通年のGDP成長率の予測値を2~3%から3~4%へ引き上げました。

企業の採用動向
求人需要は第2四半期と比較して大きな変化はありませんが、日系企業からの求人動向は第2四半期と同様に非日系マーケット拡大を目的とする現地マネージャークラスや、現地化促進に向けて将来の幹部候補の現地マネージャークラスなど、即戦力性の高い採用ニーズが引き続き増加しています。

一方で中国系金融機関による事業拡大にともない、優秀な人材を採用するために基本給の見直しを行っていることから、日系金融機関ではその影響を受け優秀な人材の確保に苦戦をしています。また、香港系および香港にアジアの拠点を構える欧米系メーカーから、日本人マーケット開拓目的で定期的に日本人採用の求人依頼を受けています。

求人数対前年四半期123%

求職者の動向
第2四半期から継続して、良い機会があれば転職を希望する方の登録が増加しています。日系企業への転職希望者に若年層が多い状況に変わりありませんが、直近では業績不振や景気の先行き不透明さにより、安定を求めて転職を希望するミドルクラスも増加傾向にあります。

また、日系企業で給与に不満を持つ日本語を話すミドルクラス以上の人材が、給与が高い香港系・欧米系企業に応募する傾向があり、引き続き香港でも給与が転職先決定の大きな要因となっています。日系金融企業への転職希望者は、上記の『企業の採用動向』でも述べたとおり、給与の低さが要因でこれまでより希望者が減少している傾向にあります。

求人数対前四半期107%

「2017 第三四半期 アジア各国のホワイトカラー人材紹介市場の動向」の全レポートはこちらでご覧になれます

 

御社の採用ニーズに関してのご相談

■ より詳しい情報ご希望の方、ご相談の方は是非お問い合わせください。
To consult with a professional recruitment consultant about your staffing needs, contact us at:

E: 渡邊 (akihisa.watanabe@jac-recruitment.com)
T: +852 2585 6700